おいでやす京都どっとこむ
食
買
観
本
便
京 の 節 分
 節分の由来 
 2月3日は節分。立春に豆まきなどで邪鬼を追い払い、一年の無病息災を祈る日です。
 節分は、“季節の分かつ日”を意味し、もとは立春・立夏・立秋・立冬の1年に4回あります。 中でも、寒い冬から暖かい春へと移り変わる春の節分が重要視されたのです。 現在では立春の前日だけを節分というようになっています。
 鬼とは? 
 そもそも、「鬼」とは何なのか? 基本的に陰陽五行の考え方では、「陰(マイナス)」の気、主に「邪気」が集まったもののことです。 災害・疫病・飢饉など人間の予測不可能なことは、こうした「邪気」が引き起こすものとして畏れられていました。 「陰(おぬ、おん)」が「鬼(おに)」の語源であるという説もあります。
 平安〜室町時代にかけて、現在見るような鬼の姿が形成されてきたようです。 もともとは目に見えない「邪気」に、人々の視覚に訴えるよう様々な特徴が与えられ、絵姿などに表されるようになったのでしょう。
 鬼は「鬼門」である「艮=丑寅(うしとら=北東)」の方角に住むとされ、牛の角と虎の牙を持ち、虎の皮のフンドシをしています。
 なぜ、豆をまくのか? 
 はっきりしたことはわかっていませんが、古来より神への供物であった豆には霊的な力が宿るとされていました。 また、豆は「魔を滅する」にも通じると言われています。
 また、「万物は木火土金水から成り立つ」という陰陽五行では豆は金、春は木の性質であると考えます。 「木→火→土→金→水」のサイクルで次の性質を生み出し、「木→土→水→火→金」で殺してしまう相性であると言われます。
 「豆=金」で「春=木」を刈り取って殺してしまわないよう、「火」で炒るのです。ですから、豆は炒り豆でなければなりません。 「炒る」は「射る」に通じ、また、生の豆を拾い忘れて芽が出ると縁起が悪いとか。
 節分のお決まり 
・やいかがし(焼嗅)
 鬼の弱点は、「鰯の臭い」と「柊(ひいらぎ)のトゲ」。
 最近はあまり見られなくなりましたが、鬼の侵入を防ぐため、柊の小枝に焼いた鰯の頭を刺
 して玄関に掲げる「やいかがし(焼嗅)」という風習が残っています。
 「鰯の頭も信心から」という諺は、ここからきたのでしょうか?
・お化け
 京都では節分の夜に、鬼を驚かして追い払うため、性別や年齢を超えた仮装をします。
 男性が女装、女性が男装したり、年配の女性が少女の格好をしたり…。日本のハロウィンと
 いったところでしょうか? 30年ほど前までは一般にも行われていたそうですが、現在は
 花街などでしか見られません。陽気に笑って、寒さを吹き飛ばすため、もっと盛んになると
 いいですね。
・おばんざい
 最近は恵方巻きが大分、広まってきましたね。太巻きに、塩いわし、お澄まし、そして  「畑菜と油揚げの辛子和え」。伏見稲荷大社の初午の日の「おまわり(歳時に決まった
 おばんざいを食べること)」ですが、節分の日にもいただいたりします。

 京都でも各寺社で個性豊かな節分祭が行われています。いくつかをご紹介します。
 各寺社・節分祭へ

 吉田神社 節分大祭へ
 廬山寺 節分会へ

 春の巻 |  夏の巻 |  秋の巻 |  冬の巻