おいでやす京都どっとこむ
食
買
観
本
便
除 夜 の 鐘
 除夜の鐘とは 

12月31日の大晦日、深夜0時を挟んで全国の寺院で撞かれる除夜の鐘は、「1年の迷いを除く夜」という意味です。その除夜に鐘を108回ついて、鐘の音と共にそれらを打ち払って清らかにするわけです。

この108回という回数には諸説が色々とあります。

1つ目は、眼(げん)・耳(に)・鼻(に)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の六根のそれぞれに好(こう:気持ちが好い)・悪・(あく:気持ちが悪い)・平(へい:どうでもよい)があって18類。この18類それぞれに浄(じょう:きれい)・染(せん:きたない)の2類があって36類、この36類を前世・現世・来世の三世に配当して108となり、これらは人間の煩悩の数を表すと云われています。

2つ目は、月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72を足した数が108となり、1年間を表します。鐘を撞く前には鐘に向かって合掌し、108回のうち107回は旧年のうちに撞き、残りの1回を新年に撞きます。本来は108回の鐘は除夜だけでなく毎日朝夕、撞かれるべきものですが、普段は略して18回に留められています。

3つ目は、四苦八苦を取り払うということで、4×9+8×9=108 とも云われています。


下記に京都で催される除夜の鐘の詳細を簡略ながら掲載しています。予定・内容が変更される場合がありますので、事前に確認していただきますよう、お願いします。
 洛中   社寺名跡【洛中】データ